エントリー一覧

SMBCと中小機構を組合せると、江戸時代の質屋になる

古いタイプの銀行、ますます時代錯誤も甚だしく、時代遅れになっていっていますね。
このままだと生き残りは難しいでしょうね。

ようやく、ほとんどの銀行業務はスマホアプリなどから対応可能になってきていますが、融資関連などのいくつかの業務は窓口だけになっています。(ネット銀行は窓口業務は一切不要)

最近は在宅勤務なので、銀行に立ち寄ることがむずかしく、わざわざ出向かないといけない場合は平日の昼間、それも午後3時までに都合を合わせて銀行に行ってきます。
先日の出張帰りに、銀行に立ち寄って小規模企業共済からの貸付を受けるべく、必要書類を持って行ったところの話。

小規模企業共済とは、毎年、80万円余りの金額を積み立てることができ、その金額は全額所得控除を受けられるというもの。
退職金のない個人事業主や零細企業にとって強い味方です。
しかも、節税効果抜群です。

詳しくは「橘玲著 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」をご覧ください。
(僕の人生を変えた本3冊の内の1冊です。)

そんな積み立てをしている人が、急に資金需要が発生した場合、その掛金の一部を低利で借り入れることができます。
その借り入れのための依頼書類一式を持って出向いたのですが、結論から言って、借入依頼を撤回して帰ってきました。

その理由は、毎回銀行窓口での返済以外は認められないという、前時代的な話だったため。

これって、考えられます?

返済期日の前後が仕事で忙しかったら、いくら手元や銀行口座に返済資金があっても返済できず、重大な信用棄損になってしまうということ。
つまり、返済遅れの扱いになります。(しかも、遅延利息は年約15%)

僕は150万円の借入を24ヵ月の返済期間で考えていたので、その2年間の内、一度でも窓口に行けないと返済遅れのレッテルが貼られてしまうということです。

そんなの危なっかしくって、借入できませんよー。涙

三井住友銀行の担当者の話によると、「その仕組みは中小機構の都合によるので銀行側では何ともしがたいです」との話でした。

なので、今度はその話を中小機構に持っていくと、「銀行と預金者との契約の問題なので中小機構としては何ともしがたいです。そのかわり、そのような必要のない銀行を紹介することは可能です」とのこと。

双方の話は微妙に一致せず、どちらが正しいのかはわかりませんが、SMBCと中小機構という組み合わせでは、引き落としや振り込みでの返済はできず、窓口に現金を持っていかないといけないのは確からしい。

何時代の話なの?
江戸時代の質屋のような話です。

そもそも、三井住友銀行の窓口なんて年中混雑しているので、数十分待ちなんてざらです。
今回の融資依頼の話なんて、担当者待ちで、結局、正しい申込用紙を手にするまで銀行の入り口を入ってからなんと90分以上もかかりました。(さらに担当者の持ってきた用紙違いで2回も書き直ししたし)

さらに返済する時も、毎回待たされることを考えたら、ウンザリです。。。

 

結局、SMBCではなく、商工中金を仲介金融機関にして、手続きを進めています。

しかも、当初の貸付は年利1.5%予定だったのですが、話をしてみるとコロナ融資が使えそうということで、それが使えると、なんと金利0%だそうな。
実際に平成30年度と令和2年度の比較ではほとんどの月で売上減少しているので、たぶん通るはず。(5%以上落ちている月があればよいらしい)

とりあえず、必要書類を送付して審査待ちです。

融資関連の話、Webなどを観ているだけでなく、あれこれ動き回ることではじめて見えてくる話もあるものですね。
銀行の窓口に現金を持って行かなきゃいけない、なんていう話は、Web上で探しても見当たりませんし。

自分の足を使うことを再認識した数日間でした。

 

他の記事を見る

「いいね!」はこちら! 人気ブログランキングへ 

国民健康保険料をお安くする方法

確定申告完了しました。
 
今どきは夜中でも早朝でも、いつでも申告ができるので便利ですねー。
結局、昨年1年間の所得税は7万円ちょっとになりました❗️
家族構成にもよるだろうけど、個人事業主なら年収7-800万円位までは無税になるのでは?
 
ただ、僕の場合、節税はこの辺が限界かなー?
収入に見合わない程、積み立てちゃってるので、手元に金が全然ないです。
iDeCoはもちろん、専業主婦のカミさんの国民年金基金とか、小規模企業共済とか。余力があれば、経営セーフティ共済とかもありますが。
 
この辺の話を詳しく知りたい方は、ボクの過去ブログとか、橘玲さんの下記の本なんかが参考になります。
 
 
 
ただ、税金はともかく、国民健康保険料に年間88万円も払ってるのがどうにも気に入らない。(埼玉県民です)
医療費全額負担だってこんなに払わないもの。(家族みんな健康優良児)
 
国保料を安くしようと、昨年は「文芸美術国民健康保険組合」に申し込んだのですが、見事に落とされました。
 
ジャパンデザインプロデューサーズユニオンの方に指導いただきつつ、パワポで過去事例とかの資料を作り込んだのにー。ふんっ、だ。
(企業のHP作成等を事例に挙げたのだが、数が少なすぎたのかな?理由は不明。)
 
なので、他の方法をあれこれ考えた。
 
本業はこれまで通り個人事業で請けて、副業を法人化する。
でもって、副業のマイクロ法人で社会保険に加入すればよい、と。
 
ポイントは本業と副業は別物であること。
僕の場合は本業はITフリーランス(NWエンジニア)なんですが、土日などの休みの日を使って、潜水士業務を請け負いでやっていこうかと。
あるいは、今後、外国語ができるパートナーがみつかれば、中古車輸出なんかもやっていきたいですねー。(夢は広がる!)
 
別に普通の事業を営んでいても、副業はかぶってなければなんでもよいです。
そんなネタないよー、という人でも、副業は手っ取り早く「せどり」でもいいし、「アフィリエイト」でもよい。
「ライター」だって、ネットで探せば、1文字〇円とかでの請負業務はたくさんある。
最初は微々たる収入だったとしても、今をときめく新興企業だって起業当初はみんな小さかったわけですから、胸張っていきましょう。
 
会社自体もそんなに大きくするつもりがなければ、株式会社なんかにしないで、合同会社でよいです。
その方が設立にもお金がかからないし、株主総会なども不要だし。
 
ただ、個人事業主から法人化して社会保険に移行すると、健康保険だけでなく、年金とかも全部見直さなきゃならんけどね。
 
善は急げ(善なのか?)と言うので、来月中には法人設立予定❗️
3月決算の会社ならGWに決算書とか申告書作ればいいかなーと思ってます。^_^
 
役員報酬は月額12,000円から45,000円の範囲なら、いくらでもよいと思う。
 
地域によるけど月額12,000円以下だと、社会保険料の会社負担分が出ないことが多いので社会保険に加入できません。←これだと、本末転倒です。
 
月額45,000円を超えてくると、年間の役員報酬が給与所得控除を超えてくるので、個人事業と合わせた課税所得が変わってきます。なので注意が必要です。
ま、僕は、月額2~3万円位にしとこっかな。
その辺は、副業で稼げそうな金額によっても変わってくると思います。
 
ボクの場合、今の国民健康保険料の支払い額なら、会社維持費を考えても、たぶん半額以下にはなるかなー。(すべて合法の範囲内でーす。)

会社設立で、一番ハードルが高いのが「定款作成」かなー?
これって、行政書士に頼むと10万円とかかかっちゃうけど、自分でも簡単にできます。(経験者は語る。笑)
 
自分のやりたい業種の会社に目星をつけて、その会社の定款を閲覧するのが手っ取り早いです。
僕、昔、IT系の会社を設立したことがあるのですが(この時は株式会社)NTTさんと、NECさんと、IIJさんの定款を取り寄せて、良いとこ取りをして作りました。(定款に著作権はないのだーーー。笑)
 
定款って、法務局で公開されているし、今どきはオンライン検索もできるので、やってみてください。紙で取り寄せても1通500円位だし、オンラインならもっと安いです。
 
会社設立後は法人の決算書や法人税の申告書の作成が増えるけど、勉強がてらやってみますかねー。
そーゆーの、無理、という人は、税理士に頼むしかないかな。
 
ただ、税理士に頼むのも、丸投げするのではなく、日々の帳簿付けは自分でやって決算と税務申告だけを依頼するのがお勧めです。
 
なぜなら、丸投げすると、あらゆる経営指標に疎くなってしまうし、会社が小さい頃ならたいして作業量もないから、その時から少しずつ始めていればなんとかなる。
今どきのクラウド会計アプリなら、スマホで領収書の写真を撮って、ちょっと文言を添えて送るだけで仕分けできるし。
 
でもって、決算と申告だけを税理士に頼むなら、半額くらいで済むだろうし。
 
僕の場合、法人税の別表とか書くの30年ぶりなのですが、今どきは、だいたいのところはアプリがやってくれるので大丈夫かな。
 
もうすぐ消費税のインボイス制度も始まるし、なんでも先送りする岸田政権で先送りされた帳票電子化も数年後には施行されるので。
 
世の中のほとんどのITフリーランスはインボイス制度導入で軒並み収入は1割減ですね。(涙)
だって、消費税込みの金額で損益ラインを考えているのが当然だから。
それが、課税事業者になったら、10%は国庫に納めなきゃならない。
元々、消費税別で採算ラインを設定していれば問題ありませんが。。。 
閑話休題
 
消費税だの、電子化だの、いろいろ対応しなきゃならないなら、この際、会計ソフトも入れ換えて、とも思います。
 
やっぱ、クラウドの「freee」あたりで会計処理して、申告書の作成は「税理士いらず」とかを使うのがいいのかな?

「freee」自体にも法人税申告書作成機能はあるようですが、どこまで使えるのかな?
このへんは、確定申告が終わったら考えようと思っていたところなので、現在進行形であれこれ勉強中です。
 
では、また!
みんなで、ハッピーになりましょう!
 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年02月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

ユーザー

新着画像

新着コメント

Re:野生動物保護か?見世物か?
2013/04/24 from ぢぢいの独り言管理人
Re:公立小中学校でも留年?
2012/02/24 from ぢぢいの独り言管理人
Re:更なる社会主義化?
2012/02/23 from ぢぢいの独り言管理人
Re:公立小中学校でも留年?
2012/02/23 from 鈴木規之
Re:更なる社会主義化?
2012/02/23 from 鈴木規之

新着トラックバック

Re:答えだけを求める世の中は人を劣化させる
2022/08/11 from manipulieren von casino software
Re:答えだけを求める世の中は人を劣化させる
2022/08/11 from bestautoservice
Re:答えだけを求める世の中は人を劣化させる
2022/08/10 from Sead Hair
Re:答えだけを求める世の中は人を劣化させる
2022/07/26 from How Much Does Moving To Hawaii Cost

Feed