エントリー個別記事

【新型コロナ】ワクチン接種以外の対処方法

はて。賛否両論のある、新型コロナワクチン。
ワクチン以外にも方法ってないの?というのが、今回のテーマ。

第一の方法 : メッセンジャーRNA方式ワクチン接種(以下、m-RNAワクチン)
第二の方法 : ウィルスベクター方式ワクチン接種

そもそも、ワクチンって何ぞや、という話は、Twitterではかなり前からちょいちょいつぶやいていたし、ブログにも書いたのですが、今更ながらまとめてみます。

まずワクチンって何?という話から。(理解されている方は飛ばしてください。)
今まで日本で承認されてきたワクチンのほぼ全てが「生ワクチン」か「不活化ワクチン」のいずれかです。

さて、生ワクチンというものをざっくりと説明すると。。
ウィルスというのは変異しやすいという特質があるので、何種類もの変異ウィルスを研究して、その中で弱毒化したウィルスをワクチンとして投与するもの。(変異すると弱毒化しやすい。なぜなら宿主を殺してしまっては自分が繫栄できないから。)
弱毒化していても、ウィルスそのものだから体内では免疫が作られ、免疫を獲得すれば強毒株にも有効というものです。

不活化ワクチンというのは、ウィルスの一部を切り取り(主に細胞にとりつくイガイガ部分)それを投与することにより、そのウィルスに対する免疫力をつけるというもの。

今までワクチンというと、このどちらかを指していたのですが、今回の新型コロナワクチンは「m-RNAワクチン」とか「ウィルスベクターワクチン」というもの。
ワクチンと名付けられてはいますが、今までこのような薬剤をワクチンとして大々的に認可した例は日本ではありません。

独ビオンテック/米ファイザー/米モデルナ社のワクチンは、m-RNA方式で作成されたものです。
これは、いままでの生ワクチンや不活化ワクチンとは違い、新型コロナウィルスのスパイク蛋白の一部と同じm-RNAを合成したものです。

では、メッセンジャーRNA(m-RNA)って、何か?
遺伝子の中にあるDNA、これが細胞の設計図なのですが、DNAとはこの設計図の基になるいくつかの種類のアミノ酸の配列です。

このアミノ酸の配列によって特定の蛋白質が作られ、さらには特定の細胞が作られるのですが、m-RNAというのは、この配列をコピーする役割を持ちます。
ヒトの細胞が自分と同じ細胞を作る時(新陳代謝とかによる細胞分裂の時)DNAの2重螺旋をコピーするために同じ配列(厳密にはちょっと違うが)の1本の螺旋がヒトの細胞内で生成されて、これをm-RNAと呼びます。
一時的に発生したこのm-RNAは、アミノ酸の配列をコピーする役割を持っていて自分と同じ配列のDNAのコピーを作るのです。
こうして、人間の体では、同じ細胞が作られていくわけです。

放射線などの影響や突然変異でDNAの配列が一部壊れてしまっても、DNAは2重螺旋となっているので、もう一方の正しい塩基配列が維持されるという役割も持っていたりしますが、この話はまた別の機会に。。。(脱線)

←PCR検査も簡単にできるようになりました。

さて、このm-RNAを使った、新型コロナウィルスワクチン。
どういうものかというと、新型コロナウィルスが細胞に絡まる周りのイガイガ部分のDNAの一部と同じ配列のm-RNAを生成したもの。

つまり、このワクチン(と言えるのか?)を投与すると、m-RNAが全身に広がり、行きついた細胞に入り込み感染し、細胞の蛋白質を変異させて新型コロナウィルスのイガイガの一部を作り出してしまうという仕組み。
もちろん、イガイガの一部が作られるだけなので、それが勝手に繁殖することもないし、毒性を発することはない。(はず。)
つまり、ワクチンと呼ばれているm-RNAが行きついた先の細胞を破壊して、新型コロナウィルスの一部をあなたの体の中で作り出すということではあります。

皮下注射ではなく、筋肉注射をするというのも、急激に全身に行き渡らせて効果を高める目的があると思われます。
皮下注射だと、注射された溶剤が皮下に在留するわけですが、薬剤が無駄になる量も多くなる。(m-RNAは壊れやすいので)

しかし、筋肉に注射すると、筋肉というのは血液量が多いため、血流に乗って注射されたm-RNAが、一気に全身に行き渡るのです。
(僕は個人的には皮下注射でよいのでは?と思っています。一気に全身に行き渡らせることによりアナフィラキシーショックなども起きるわけで、普通に人間が感染する経路を考えたら、自然免疫が豊富な気管支などから感染して徐々に免疫系とウィルスの戦いが起こっていくわけで、全身に同時多発でウィルスが感染するというのは不自然に思うのですよね。ただ、皮下注射だと注射の回数を増やさねばならない等、コスト面でのデメリットがあるのでしょう。閑話休題。)


そもそもの話、なんで、今まで同様の比較的安全な「生ワクチン」とか「不活化ワクチン」を作らないの?という話がありますが、もちろん、それらが作れればよいのですが、これらのワクチンを作るには膨大な時間がかかる。
時間短縮のチート技が、今回のm-RNA方式とかウィルスベクター方式のワクチンです。

あぁ、米アストラゼネカ社が採用した、ウィルスベクター方式ワクチンの説明をしていませんでした。
ウィルスベクター方式とは、人間には毒ではないウィルスや毒性の低いウィルスに、新型コロナの遺伝子を組み込んだものをワクチンとして利用するものです。アストラゼネカ社では、チンパンジーのアデノウィルスを使っています。

この辺の話は、あちこちググっていただけると、最近ではわかりやすく説明しているサイトも多いです。
本稿は、ワクチンの仕組みを説明する目的ではないので。。。

これらのチート技はエボラウィルスなどでは使われてきたものの、認可例は非常に少ない。
所詮、時短のためのチート技な訳で。。。

これらの新しいチート技を駆使して作成したワクチンは、短期的に一定確率で発生すると言われている血栓症や、アナフィラキシーショックだけでなく、長期的な免疫異常が発生する可能性を主張する医師も多い

←十分な抗体があるかどうかを調べられる検査キット


さて、そんな中、第三の方法もあるんじゃない?
というのが、本稿の主題。(前置きが長かった。)

以前、トランプ前大統領が「抗マラリア薬が新型コロナに効く」とTwitterで発言したのが注目されました。
その後、世界的な動きとして、保守派とリベラルの戦いが始まり、言論封鎖などもあったため、トランプ氏の発言はことごとくデマということになり、世のマスコミからは排除されました。

それが、今になり、新型コロナは武漢研究所から流出したという話が、米上院議会で論じられるなど、これまでの言説を覆すような話が広まりつつあります。
米上院での宣誓証言の話を簡単に説明すると、もともと、米国で研究されていた「ウィルス変異による感染力強化」の研究が危険すぎるということで禁止となり、米国での研究ができなくなったため、他国にその危険な研究を委託し始めた。その一つに、中国の武漢研究所も含まれており、そこから流出した可能性が高いという話になってきています。

そして、中国共産党の幹部が新型コロナ対策として広く使用していると言われているのが「ヒドロキシクロロキン」という薬剤
これは従来、抗マラリア薬として使われてきたものです。

生化学兵器というのは、開発する際に必ず同時開発されるのが対処薬であるのは常識。
そりゃ、そうですよね。自分でばらまいて、自分達が死んでしまっては意味ないですから。

もちろん、開発元がそのあたりは一番よく知っているわけで、彼らの行動を注視するのが最も有効。

ということで、「ヒドロキシクロロキン」という薬剤。
個人輸入できないかな?と調べてみたら、あります、あります。
ポチってみました。

←一瓶、5,000円位ですね。


トランプ氏もツイートしていた抗マラリア薬、熱帯地方では広く一般的に使われてきた薬剤です。(昨日今日開発された薬ではありません。)
よくある副作用としては、下痢をするようです。
また、継続的に使用することで網膜に障害が発生する可能性がある。

個人輸入というのは自己責任ですが、僕は糖尿に関する数値も高めで、肺機能もそんなに優秀ではない。むしろ、弱い。通常時の血中酸素濃度が96~97%程度しかないので、新型コロナのリスクは高い。だから、万が一のための準備で購入しました。

やるかやらないかは別として、方法を知っておくというのは大事だと思うんですよね。ま、自己責任でどうぞ。

←簡単に血中酸素濃度が測れる。普通の人は98%以上。

 


あ、おまけで、第4の方法も書いておきます。

これはすでに僕は実施済みの方法です。
それは、ツベルクリン注射をすること。

ツベルクリン注射とは、BCGの効果を確認する試薬のような注射です。
これが、なぜ、効果があるのか?

BCGとは肺結核予防のワクチン注射です。
ちなみに、ウシ型結核菌を用いた生ワクチンがBCGです。

一部の医師が主張している「なぜ、日本人は新型コロナの重症者が少ないのか?」の理由にBCGの接種が有効である、というものがあります。
これはYoutubeやGoogleでググってもらうと、様々出てくるので、そちらをご参照ください。

ならば、BCGの接種をすれば、有効なのでは?
という話ですが、BCGワクチンは、子供たちに接種する分しか生産されていません。
そのため、大人が大挙して、新型コロナ対策として使用し始めると、あっという間に子供の分が不足してしまいます。
そこで使用するのが、ツベルクリン注射。

結核の抗体が十分に体内に生成されているかどうかを確認するために、ツベルクリン注射でその反応をみます。
このツベルクリン試薬の中身は「ヒト型結核菌の培養液から分離精製した数種類の蛋白質」なのです。

もちろん、ツベルクリンの陽性反応がなければ、再度、BCGの予防接種を受けることで失われた免疫をつけることができます。

しかし、このツベルクリン注射をすることだけで、免疫が弱っている人でも数十年前にBCGを接種した記憶免疫を呼び起こすには十分なのです。
特に自然免疫系に対するBoost効果があると言われています。

結核病棟で勤務する医療関係者(医師、看護師)はツベルクリン注射で反応を確認してから病棟に配置されるのですが、免疫力の確認という意味もありますが、自然免疫系のBoost効果を狙うという意味もあるそうです。

上記を医師に説明したら、「なるほど、わかりました」とツベルクリン注射をしてくれました。
ちなみに、僕のツベルクリン反応はこちら。皮下注射です。(2020/04/26撮影)

こんな理由でツベルクリン注射を受ける患者はいないせいか、「あなたのツベルクリン反応を診せてほしい」と、その病院では主治医以外の先生も僕の腕の反応を見に来ていました。しこりの様子とか、グリグリ触られた。笑

だから、ツベルクリン注射をした去年の春から、僕の体内の自然免疫系(マクロファージや好中球)は、Boost(活性化)しています。えっへん!笑笑

ちなみに、僕は、m-RNAワクチンやウィルスベクター方式ワクチンを接種する気は、いまのところはありません。

第5の選択肢として、「新型コロナの生ワクチン」とか「新型コロナの不活化ワクチン」が開発されたら、もちろん打ちますけどね。笑

イベルメクチン3mg2錠←もう一つの治療薬、イベルメクチンはこちら

 

 

他の記事を見る

「いいね!」はこちら! 人気ブログランキングへ 

 

ページ移動

ユーティリティ

記事検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

ユーザー

  • <<
  • 2021年12月
  • >>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Feed