記事一覧

日本の破綻に備えよう

何年も前から、このまま日本が借金を続けていったら破綻するーと、このブログなどに書き続けてきました。
ところで、実際に破綻すると僕らの生活はどうなるの?って言うのが今日のテーマ。
(その時、困らないようにする為には、どうなるのか?を想定せねばならない。あくまで僕の個人的な妄想です。でも現実に起きる可能性はすごく高いと、僕自身は思っています。)

なんか、国債残高が800兆円を超えて政府保証債権などの実質的な国の借金合計は1100兆円を超えたとか言われてもイメージできない。
「国のことなんて、俺に関係ねーよ」って、思っているあなた。
本当に関係ないのでしょうか?
ま、桁が大きすぎてよくわからんということもある。(これについては一般家庭に置き換えて以前解説したことがありましたね。)

歳入が40兆円とか、50兆円程度です。(借金収入を除く)
歳出は年によってばらつくのですけど、このたびの民主党政府は大盤振る舞いだからざっくりと100兆円として、これだけ考えたって普通の人ならやばいと思うわな。
収入の倍を消費しているんだから。

ざっくりとした数字だけでもゼロが多いので減らして考えるとこんな感じです。
年収500万円の家庭で年間1000万円位使って、今までの借金総額が1億を超えてるって感じ(笑)
感じって、笑い事ではないね。普通の家なら破産しているから。
金利の支払いだけで、毎年100万円以上支払っているんですよ、この低金利時代に。年収の1/5以上は金利の支払いね。

これも前から書いていることなので詳しくは繰り返さないけど、借金している相手が自国民だから成り立っているんですよね。
他国からの借金だったら寄ってたかって再建策をギューギュー締め上げられながら作らされているはず。
最近のギリシャとか、昔のアルゼンチンみたいにね。

右手が左手に借金しているというか、「かーちゃん、金貸して」の挙句が今の状態。
ただの馬鹿息子ですね(笑)

さて、この国家が破綻する確率ってどれ位でしょうか?

先日、大前研一氏の講演を聴く機会があったのですが、彼はその質問にズバリ即答で「100%」と言っていました。
言われてみると、当たり前の話ですよね。
年収400とか500万円なのに、毎年700万とか1000万とか消費しちゃっている家庭が、1億円の借金を返せるはずが無い。

<以下、参考まで、WikiPediaからの引用です。>
2010年の日本の公債はGDPの198%と推計されている。これはジンバブエの234%に次ぎ世界で2番目であり、先進工業国の中では突出している。2011年に債務不履行の危機にあるギリシャは143%であった
<引用ここまで>

GDP比で言うと、破綻したギリシャよりも数値は悪いです。
いくつ以上になったら破綻するというものではありませんが、数値的には、いつデフォルトしてもおかしくないことが、ここでもわかりますね。

さて、どうしよう?
自民党でも民主党でも支出を減らさせない(民主党は支出を減らしてくれると思ったのになー)なら、収入を増やすしかない。
つまりこれはイコール増税ってこと。

国の収入って税金だからね。

では、どこから取るか?
所得税とか法人税は、ただでさえ高いから見直すべしという声が上がっているので、そりゃ無理だ。
っつーことで、消費税ということになるけど、どれ位増税が必要なのでしょう?
消費税3%の頃の税収が6兆円位(消費税だけでね)5%になってからは10兆円位。
(増税の影響で景気は冷え込んだが、心配されたほど消費税収は落ちなかった。)

今の支出を削減できないというなら、50兆円の増税でとんとん。(国家財政の年間収支の話ね)
消費税5%で消費税収10兆円なので、25%増やせば50兆円の増税だ。(ざっくりと概算ね。)
って、ことは消費税30%で今の日本国は収入と支出がつりあう。

返済するには釣り合っているだけでは駄目な訳で、消費税40%とかにしたらどうだろう?って計算すると、ようやく少しずつなら返せそうな気がしてきた。(20兆円ずつ返しても金利を一切考えなくても50年かかるのだ。金利を考えると現実にはもっと税率は高くしないと返済はできない。これ以上の詳細な計算は金利をどの水準に置くかで大きく変わってくる。今のゼロ金利が続くとは思えないが、ではいくつを仮定して計算するかは未来予測になるので難しい。よってここではこれ以上の計算はしない。)

現実問題、消費税40%なんて、そんなものが政治的に通る訳ないし、そんなことをしたら、さすがにクーデターものだ。
1万円の商品を買って、1万4千円。
駄菓子屋で300円のお菓子を買うと420円って。。。(取られた上に駄菓子屋は免税業者だったりして)

今の国民に革命をするような根性は無くても(情けな)、動ける人はそんな国を離脱し始めるので、人口はさらに減る。普通考えても小金持ち以上は海外に逃げ出すでしょう。
実際にそのレベルまで税率を上げたとしたら、収入は比例しては増えないし、国としての体裁を保てないだろう。

っつーことで、返済は無理ですね。
ということは、どうなるかと言うと、日本はいずれ破綻するということです。
(普通の増税では無理です。そこで大前氏は「資産税導入」を提唱しています。これについてはまた別途。)

さて、今日の本題。
この国が破綻したら、僕らはどうなっちゃうの?

さっきの話では「かーちゃんから借金している」って話だったけど、かーちゃんって誰?

あ、それはあなたです。僕でもあります。

へ?俺(あたし)貸してないよ?って?
そうですね。僕も貸した覚えありません。っつーか、国債なんて持ってねーし。

いえいえ。あなたのお金は間接的に回りまわって国債になってるんですよ。
国債って誰が持ってるの?って、調べてみると、銀行とか郵便局とか生保など日本では金融機関と言われている組織で、かなりの部分を占めている。個人なんて全体のたった5%しか持っていない。

なので、買っている人達のお金なのか?と考えるとそんなことは無い。
他人の金で商売をしている人達がせっせと買っているのよ。(自分の金では怖くて買えないのか?!)
僕らの預貯金はもとより、年金の支払い原資であったり、日本中で掻き集めた金が、回りまわって国債を支えている。

今回のギリシャの場合などでは債権放棄は50%と決まったようです。
破産(=デフォルト)した場合、ケースバイケースだけど、ギリシャの例に倣えば「借金は半値にしましょう」ってなったりするわけですね。
そうすると、金融機関が日本中から集めたお金は一夜にして半分になる。(残りの半分もいつ返ってくるやら)

そんなことになったら各銀行は取り付け騒ぎになるだろう。
我先に預金を引き出そうと客が群がり、各銀行は破綻。
生保や損保も国債依存度の高いところは軒並み破綻。

国が破綻しているわけだから、これまでのようには助けられない。
(海外資本の銀行等が二束三文で日本の銀行を買い集めるかもしれないですね。これは救済ではなく、ただ喰われているだけだが。。。)
1000万円以下の個人の国内銀行預金の保護とか、細かいところはあるけど、金融機関の破綻で国民の資産は一瞬で大きく目減りする。

日本政府としても、破綻は絶対に避けたいので、他の策を検討する。
しかし、回避する方法はあまり無い。

増税して返すか???
さっき考えたでしょ、それは無理だって。

「ドラえもんー、助けてよー!」(と、日本の首相。)
「はーい。ぼくドラえもん。助けてあげるよ!」

「これを使ったらよいよ!」「じゃーん。輪転機ーぃ!」

はい。どんどんお金を刷ってしまいましょう。(これも前に書いた話ですね。)
1億円の借金があるなら1億円を刷って返せばよい。ふはは。無敵ぢゃ!
あ、一般家庭に換算して1億円だったけど、実際は1000兆円だね。
1000兆円刷って、刷って刷りまくれー♪

WikiPediaによると日本円の流通量は2009年時点で約80兆円だそうな。
これを1000兆円流通させてしまうのだ!
市場は混乱するだろうけど、破綻を回避するには、これしかない!わはは!

80兆円は計算しづらいので100兆円あるとして計算すると、通貨の流通量は単純に10倍になる。
日本全体の富は変わらないのに、通貨だけ10倍の量になったら、通貨の価値は1/10になる。
ってことは物価は理論的には10倍になる。(あくまで計算上ではの話。)

ラーメン1杯600円だったら、6000円になるわけね。
スーツ1着30万円とか。
でも、国の借金は1000兆円。(実質100兆円に減った!)

給料はどうなるんだろう?
いずれ10倍になるかもしれないけど、遅れて上がっていくので、混乱するだろうね。

それに論理的には10倍であっても、ハイパーインフレは一度この状態になると誰も制御できない。
ハイパーインフレをコントロールできた政府なんてこれまでありませんから。(終息させることはできても、コントロールはできない。)

トリガーを引いたのは政府の輪転機であっても、市場のインフレは勝手に加速していく。
気付いたら10倍どころか物価は50倍、100倍となったりするわけです。(通貨大暴落)

そらそーだ。
政府自らが10分の1にしてしまう国の通貨の信用なんて、100分の1でも信用し過ぎだろう。
感覚的にはそんな国の紙幣なんて紙くずだ。つまり、価値はゼロ。(もともと、ただの紙とインクだし。)
ゼロではないが、限りなくゼロに近づいていく。(ハイパーインフレ、スタートしました!フィーバー♪)

ブラジルのハイパーインフレの時は、労働者に月給を拒否され、先払いを要求され、ある企業では妥協案として週休にした。(マッキンゼーブラジル支社の話)
毎週月曜日が給料日だったらしいが、月曜日は誰も出社しない。
皆、混雑した銀行の窓口に並んでドルへの両替をしていたそうな。

その時その瞬間の相場なんて、製品によってばらばらだし、先行して値上げする奴もいれば、力関係によってはリアルタイムに値上げできずに倒産していく会社も沢山出るだろう。
1000兆円を市場に流すのだって、一瞬でできるわけではなく、満期になった国債の支払いを刷り上った紙幣で支払うとか、引き受け手のいなくなった国債を日銀が引き受けるとか、ありとあらゆる手段を使ってジャブジャブ流すわけだろうけど、これだけの金額を市場に流すには相当な期間がかかるだろう。

世間からの見え方としては、最初はジリジリ物価が上がっていったのが、ある時、市場が気付いてパチッとはじけてハイパーインフレ、っていう感じになるかな。
僕は経験したこと無いけど、相当混乱した世の中になってしまうことだけは想像できる。

ところで、ロシアの怖い顔したあのプーチンさんが何であんなに人気があるのか?って、ロシアルーブルのハイパーインフレを止めたから、という人も多い。(顔だけの比較なら小沢さんよりよっぽど怖いぞ。)
それ位、市民の生活の根底を覆すものなんですね。

80兆円しか流通していないこの国に1000兆円のお札が増える。
通貨の信用墜落で、さらに大きな富が消えていく。

あ、ちなみにアメリカドルはそうならない。
どんなに刷っても、世界中の途上国のタンス預金に吸収されてしまうから、ハイパーインフレになりづらいのだ。
世界の片田舎に行ってもドル紙幣を見かけるのはそのせいだ。
基軸通貨の利点を最大限活かしていますね。

それを見習って、さらに今の円高を活かして、強い円を東南アジアに物理的にばら撒くというのも、日本再生策になるかもしれないですね!(これについては、別の機会にもう少し考えてみましょう。)

では、いつから、政府は輪転機を気が狂ったように回し始めるのか?

それは、金利が上がり始めた時だろう。
今は世界中の金利がゼロ金利に近く、金利が上がる要素が少ない。
どの国も、自国通貨を安くしたいから、当然金利を下げるわけだ。

これが何らかの理由で上がり始めると、黄色信号が灯る。

国債の利払いが大きくなるからだ。
今のゼロ金利の時代でさえ、国の収入の2割近くを利払いに充てている。
その金利が上がり始めたら、あっという間に払えなくなるのは目に見えている。

破綻がリアルに見えてくる。
あと、○%金利が上昇したら破綻か?!という時、最後の手段で輪転機を回し始める。

その時、損する人、得する人。

まず、わかりやすいところから話をすると、損しない人って、どんな人だろう。
富を持たない人?
前も貧乏、今も貧乏、インフレ後も貧乏です(僕?)

でも、ちょっと待ってね。本当にそうなのかな?
給料は物価上昇より遅れて上がることが多いから、そうなると今よりも生活は厳しくなりそう。

インフレのスピードにもよるけど、毎月値上がりする月給が、今月からようやく300万円になったけど、リアルタイムに値上がりする食費は月に400万円かかったりするかもしれない。

計算上はあまり損をしないはずだけど、実際にはゼロ円で生活しているわけではないし、収入と支出の値上がりにはタイムラグがあるので、その分でダメージを受ける。
しかも、ギリギリの通貨量で生活している程、影響は大きい。

最も損する人はタンス預金している人。つまり、現金を持っている人。
タンスに入れてあった1000万円は、インフレ後も1000万円。
これが紙くずになる。
紙くずとは言わないまでも、軽自動車1台も買えなくなるだろう。

では、得する人ってどんな人?
言い方を変えれば、インフレに影響されない人ですよね。

日本で生活していても、給料が外貨払いの人とか。
そんな日本人ほとんどいないって?そうですね。外貨で給料を貰っているのは、ほとんどは他国から日本に赴任してきている人ですよね。

次は日本国内から簡単に引き出せる外貨を持っている人かな?
ただ、日本の金融機関に外貨預金をしている人は大きな影響を受けるでしょう。

だって、国債引き受けのほとんどは日本の金融機関ですから。
彼らの総資産が大きくダメージを受けるわけで、そんな会社に預けている外貨預金なんて、まともに引き出せるとは思えない。
かと言って、外国の銀行や証券会社の海外支店に、独自に口座を開設している人なんてほとんどいないだろう。

ところで「株式はインフレに強い」って、教科書には書いてあるね。
でもね、これまた日本国債の引き受け手は日本の大企業だったりするので、影響を受ける。

ただ、業種によって、日本のインフレに影響を受けづらい企業の株式ならよいかもね。
そんな会社なんてあるのかな?

トヨタとか、どーだろう?
ハイパーインフレとかになりそうなら、速攻すべて海外生産に切り替えたりして。日本に売る車でさえ、海外生産して逆輸入すると儲かるかも。儲かるまでいかなくても、生き延びそう。

日本に上場するグローバル企業でも、一旦、海外に避難できる企業はいくつもありそうですね。
そんな企業の株式はインフレ率以上に高騰するだろう。
(そんな株式を持っておけば目減りは少なくて済みそうだ。)

ほら、こんな時の為に「金投資」!
あははー、積み立てしといてよかったー♪、なんて、笑ってられない。
金の現物を自宅にしまっているならまだしも、あなたの投資先は本当に販売した分だけ金の現物を持っていますか?

紙の上で1kgの金を持っていても、実際に引き出せないと、そんなもんは紙くずです。
販売分と同額以上の金の現物を社内に保管しているなら、その分は少しだけ安心できるかもしれませんが、会社なんつーのは色んな事業をしていたりするので、金投資分野以外は大赤字で倒産なんていうこともある。

商品先物で未来の作物を買っておけばよいねー。儲かりそうだしぃ。
って、そんな状況で先物市場が開いているとは思えない。
円建ての市場は閉鎖でしょ?普通。

と、考えていくと得する人っていないように見える。

あ、いたいた。
得する人。

巨大な借金をしている人。
国の借金帳消しと一緒にチャラに近いことになりそうですね!

ただ、インフレの前兆で金利が上がった時を乗り超えられるか?というのが問題になりますが。
金利上昇を持ち堪えることができたら、その先は、ラッキーですね♪

それ以外で比較的優位な立場でいられるのは誰か?
それは、生活必需品を持っている人。
いくらになろうと、買わざるを得ないものですね。

農家とか、漁師とか。
秋の収穫時期、米は売り渋りされる。だって、現金に換えたらその瞬間からドンドン目減りするけど、米として持っていればインフレで目減りすることはないから。持っているだけで日々値上がりする。

収穫時期なのに市場には十分な量の米が出荷されず、さらに混乱しながら高騰する。
生産者だけはどこ吹く風と、白米をほうばることはできそう。

続いて生活必需品を握っているというと地主とか大家さんとかかな?
土地はインフレでも目減りはしないので、タイムラグはあるかもしれないけど、適正なところまで家賃は値上げすることができそう。
ただし、商業施設は壊滅的な状態になるでしょう。(生活必需品ではないですね。)
一般家庭向けのアパートやマンション、戸建ての借家などの大家さんはハイパーインフレにも強そうです。

急激なインフレは、「衣食住」にまつわる「売り手市場」になる、ということです。

あなたは売り手ですか?買い手ですか?

デフォルトはいずれ起きます。

超大幅増税に国民が納得するなら別だけど、それが呑めないなら、デフォルトの可能性は100%です。

確実です。。。

その時のために、備えましょう。
少なくとも、このブログを読んでいる方だけは、幸せに生き残って欲しいので。



他の記事を見る


「いいね!」はこちら!

コメント一覧

鈴木規之 Eメール URL 2011年11月03日(木)14時16分 編集・削除

 ギリシャと違い日本人は勤勉なのとせっせと
自国の国債を購入し続けている。

お金持ち、資産家ばかりに増税負担を強いると
見限られるでしょうね。 消費税を20%位まで
段階的にアップして、プライマリーバランスをとる
ことが先決だと思います。 日本人の知恵に期待。

昔なら、世界大戦争が起きてもおかしくない状況。
流石にその様な選択をする馬鹿は居ませんね・・。

ぢぢいの独り言管理人 Eメール URL 2011年11月03日(木)22時34分 編集・削除

鈴木さん

いつもコメントありがとうございます。

ギリシャ人って、働かないらしいですねー。
ギリシャに出張に行ったことのある方から聞いたのですが、彼の地では「領収証」を発行することが一般的ではないとか。
誰も納税しないので領収証なんて外国人のビジネスマン位しか必要としていないとか???

消費税20%というと今のヨーロッパの一般的なレベルですね。一部の人の為ではなく、広く社会のために使われるのであれば、その程度はやむを得ないと私も思います。

ただ、日本は「増税の前にやれることがあるでしょ?」という感覚が強いので、増税に反対する気持ちが強いのではないか?と思います。

また、元々、所得税にせよ、法人税にせよ、稼ぐことに対して懲罰的な税制があるので、それをなんとかしないと増税に対する認知は得られないでしょうね。

「日本人の知恵に期待」
まったく、おっしゃる通りです!!